<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

S.サンクトペテルブルグのフォンタンカ川の欄干

Google Earth に提供されている画像ばかりです。
さすがに腕利きのカメラマンの作品です。ため息をつきながら鑑賞しています。

血の上の救世主教会:正式名はハリスト復活大聖堂の横を流れて、この聖堂の前方で、3河川がT字形に交差している川の、縦の「I」字の部分がフォンタンカ川です。
 遠目にはシンプルな縦縞模様の欄干に見えます。でも欄干を構成している1個のモチーフの造形美は、エジプトに源流を発する美しさ、何とも芸術的ですね。これを一個いただいて、我が家に置けたらS.ペテルブルグは私のもの、なんて夢の街の夢想を楽しんでいます。
f0211675_23171076.jpg

f0211675_23175999.jpg

上と下の写真は並べてみると、偶然にも同じ場所でした。
上の素晴らしい景色と下の油絵に描かれた景色の素晴らしさは最高です。
優れた技の威力です。どんなに素敵な女性(?)画家かな、お会いしたいものですね。
ここまで描き込むには何日もかかっていると思われます。それにしても、この雪景色は見ているだけでも、凍りそうです。「ホッカイロ」はS.ペテルブルグにも有るのでしょうか?足先にも腰にもコートのポケットにも、2~3個は使いたいものです。でもロシアの冬は凍りつくのが定番だとか、温かい毛皮の帽子とコートとブーツで防寒対策は万全なのでしょうか?

フォンタンカ川のクルーズ船がネヴァ川から夏の宮殿横に入った所
f0211675_23344484.jpg


ホンタンカ川はカザン聖堂(右の大きなドーム)の横を北上(この写真では右下方向)しています。この写真の下方に、上の絵画にに描かれた血の上の救世主教会(ハリスト)復活大聖堂があります
f0211675_2338236.jpg


聖堂の北前方に3河川が交差した場所です。幅広な橋と装飾的な橋が架かっています。
この人の顔の欄干は2011年の私の絵に描きましたが、所在地は分からないままでした。
f0211675_23554554.jpg

下の写真の人の顔の欄干の橋の向こう側にシンプルな橋が見えていますが、私はこの橋を右から左へ観光バスで渡って、聖堂前でバスを降り、記念撮影をして、右側の河淵の玄関口の前へ近寄りましたが、シンプルな鉄製のフェンスが閉まっていたと思います。12,3分の短時間で、バスに帰り、今度はコテージのようなプレハブの簡易トイレとバス停の前(後ろは美しいフェンス)を横切る時に車窓から父親と美しい娘の姿をカメラに収めた.カメラを向けて、父親に目で尋ねると、笑ってOKしてくれたのだ。
f0211675_011279.jpg

f0211675_0145477.jpg


モイカ川の欄干のスタート地点(3河川の交差地点の「T」字形の横一の箇所)
f0211675_0172952.jpg

f0211675_042071.gif

橋上の敷石の美しさがクローズアップして迫ってきます。S.ペテルブルグの方々で見られます。宮殿前ではこの敷石の上を馬車が走っていました。

3河川が交差した箇所の縦一の部分はフォンタンカ川で、横一の部分の向かって左側がモイカ川と分かりましたが、はて、右側は「何川?」でしょうか、勉強不足です。

2012.4.17追記
見付けました、橋の下
f0211675_9485759.jpg

日本にもありますネ
f0211675_9554971.jpg

f0211675_9565719.jpg

f0211675_9571889.jpg

by rivierekaiga | 2012-03-21 23:18

サンクトペテルブルグのモイカ川の欄干と橋

何と驚きの発見です。
サンクトペテルブルグの血の上の救世主教会の前方には3つの川(運河)がT字形に交差しており、複雑な橋の上が広場になっていてす。そのT字形の向かって左側(北上の地図上)がモイカ川で、ネヴァ川に並行して流れており、何km有るのでしょうか?地図上で見たところは、かなりの距離です。
 私が驚いているのは、その何十キロもあるモイカ川沿いの欄干が同じデザインで統一されているのです。昨年ネット上で「いつかモイカ河の橋の上で」中野吉宏著(定価3000円+税)を見つけました。購入者が価格(最低価格でも半額以上)を付けるという初めての経験をしました。昨年秋の絵を仕上げるまでは読む暇が無かったのですが、年末に1日がかりで読み上げて、勿論定価を払い込みました。それほど素晴らしい本だったのです。
 その本の中の「モイカ河の橋の上で」という写真p.70&p.84があり、その愛らしい幾何学
的な形に魅せられて、私の油絵の上段中心にその愛らしい橋の欄干を描きました。2011年秋の展覧会出品も終わり、戻って来ましたが、未だ未完成の絵に加筆しています。

 3日前からサンクトペテルブルグをGoogle Eearth で検索しながら、提供されている様々な写真に歓声を上げていますが、ふと見つけたモイカ川沿いの欄干に
f0211675_16412341.jpg

延々とあの幾何学模様が続いています。たまたまこの本の写真は川沿いの欄干と同じですが、この驚きと感動はしばらく収まりそうにありません。スエーデンとの戦争に戦勝したエカテリーナ2世が(フィンランド湾から上陸するスエーデン人に、石材1個を持参するように言ったとか)造り上げた都です。
 地下に埋没した1300年前の遺跡の上に暮らしている明日香人には想像も出来ない造形美です。飛鳥川に橋はありますが、何処にでもある実用的なデザインで、川沿いの欄干も殆どありません。
f0211675_16463595.jpg

f0211675_1704572.jpg

f0211675_1725934.jpg

f0211675_1733557.jpg


日本の国旗です
f0211675_19254039.jpg


かなり河口ですね、カモメ飛んでいます
f0211675_1744171.jpg


この写真は私の永遠のお気に入りです。私の年を考えても、再訪出来るとは思えませんが、サンクトペテルブルグ特製の、この脚付きの写生箱(サンクトペテルブルグで写生している人は皆さんがこれを使っています)で、この場所に立って、この女性のようにモイカの欄干を描きたいものです.
f0211675_17364743.jpg


以上7枚の写真はGoogle Earth からお借りしました
by rivierekaiga | 2012-03-19 17:06

サンクトペテルブルグのネヴァ川に並行してn

サンクトペテルブルグ
by rivierekaiga | 2012-03-19 14:41

遂に見付けましたGoogle Eaethさんありがとう

2009年6月にサンクトペテルブルグを訪ねた時に、私は右側に運河があるこの方向からバスを降りて記念撮影したものです。左側にミハイロフスキー公園(公園は間違い、ミハイロフスキー宮殿の庭園2013.01.31訂正)

の樹木とソフトクリームのような柱があります
f0211675_14573816.jpg

撮影場所は上と同じで、右側に運河があります
f0211675_1672421.jpg


以下3枚はGoogle Earthからお借りしたの写真です
血の上の救世主教会(サンクトペテルブルグ)とミハイロフスキー公園との境界にある、美しい金型細工の塀。ソフトクリームのような柱が何と15本も中央の門の向こうにも続いているようです
f0211675_14153625.jpg

向こう側から写したもの
f0211675_14331559.jpg

この幻想的な美しさには言葉もありません。白雪姫の世界です
f0211675_1442423.jpg

上の雪景色の左横の曲がった所で私が写しています。左横にバスのりばの標識があり、そのむこうに緑の小さな有料トイレが有りました。
バスを待っているのは父娘でしょうか、私がバスの窓越しにカメラを向けると、お父さんはニッコリと笑ってくれました。自慢の美少女は中学生でしょうか、あれから3年も経ちました。今ではますます美しい女性に成長していることでしょう。
f0211675_15273872.jpg

手前のフェンス越しに私のお気に入りのフェンスの柱が透けて2重に見えています。
今のところ位置関係が理解できていません
f0211675_15523395.jpg


以下はGoole Earthさんからの写真です上と下は同じ場所で撮影しているようです
f0211675_1557118.jpg


美しい門塀を抜けるとミハイロフスキー公園でしょうか
f0211675_1656987.jpg

f0211675_16492832.jpg

f0211675_16592944.jpg

f0211675_2232594.jpg


ミハイロフスキーの地図
f0211675_1714549.jpg

教会の位置関係が少し分かって来ました
f0211675_1144351.jpg

by rivierekaiga | 2012-03-15 14:28