<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ワイレアビーチ・マリオットリゾートホテル(ハワイ:マウイ島)のスターバックス

何処かで見ましたが、ハワイのスターバックスはアメリカのSBファンの憧れの的だと書いてありました。
店内の壁面です。

f0211675_15351515.jpg

f0211675_15355645.jpg

f0211675_1546163.jpg

f0211675_1538299.jpg

  如何ですか。何処かのおとぎの国に迷い混んだようなお部屋でしたよ


カップサイズは(T)と(M)の2種類ですぞ。日本感覚で(T)を注文して、出てきたのは何と(G)グランデサイズでした。もちろん(S)はありませんよ!
 出てきたカップの大きさに驚いて、「泡を食ってる」私たちを見て、にこやかに微笑んでいたお兄さんとお姉さんです。。
  「ソイ(豆乳)カプチーノ」を飲みましたが、柔らかな甘味と泡の滑らかさは、味わったことのない美味しさでした。さすがは憧れのSBですね!! (カプチーノですから、本当に大量の泡を食べました)
 ホノルルでシェラトンワイキキホテルのテナント(SBではないお店)のソイカプチーノも飲みましたが....週に一度飲んでいる奈良西大寺の方が上ですね。東京品川駅も泡立ちが今ひとつです。(と娘に言えば、泡が少ないほうが、コーヒーが美味しいとのことでした)
この評価は、豆乳と泡の立て具合に因るのかもしれませんが。

by rivierekaiga | 2011-03-22 00:59

ワイレアビーチ・マリオットリゾートホテル(ハワイ:マウイ島)

マウイ島の高級リゾートエリアの広大な丘陵に位置し、人気のショッピングモール「ショップ・アット・ワイレア」に至近ながらも、トロピカルグリーンに囲まれて静寂に包まれている(これはホテルのパンフレットに有った文章)
f0211675_20462359.jpg

ホテルのフロントとロビー
f0211675_21445652.jpg

朝食は手前のレストランを通り越して、まだ奥へ行く
f0211675_21483532.jpg


f0211675_23112312.jpg

上の写真:右よりの短い石の柱の間の階段を降りて行くと、海沿いの私有地の中を散歩道が通っていて、朝早くから単独でジョギングする人が多い。N先生の奥様と7時頃散歩に出たが、行き交う方々から「東日本大震災」へのお見舞いの言葉をかけて戴いた。
 「Excuse me ~ terrible earthquake」今も耳に残る途切れ途切れの英単語、どの御方の言葉にも必ず入っていた上記の単語を何回も聞く内に、2人とも感激してしまった。
はじめは、細道を走って来たお方に、道を譲ったので、「Excuse me ~」と謝って居られるのかなと、一瞬思ったのだが「恐ろしい地震」と続く言葉を聞く内に、「お見舞いを戴いている様だ。日本の災害にお見舞いのお言葉をかけて戴いているのに、お礼の言葉も言えなかったのは心残りだ。矢張り「スピード・ラーニング」のお世話になるべきか。
f0211675_22161532.jpg

「リゾート地の心惹かれる店々」
ホテル前から奥のショッピングモールまでの道には、大きな街路樹が繁り、夜はライトアップされて幻想的だ。
f0211675_19374267.jpg

f0211675_0231836.jpg

f0211675_0184949.jpg


f0211675_9235344.jpg

f0211675_14134715.jpg

 マリオット・リゾートホテルの奥にある広い駐車場に囲まれた、アメリカやヨーロッパの有名ブランド店等が並ぶ2階建の商業施設で、レストラン・日本料理(寿司と串焼き)店などがある。
 下の中央の花はシャクナゲかも...この建物は中庭を囲むように建っており、階段やエスカレーターで昇降できる。
f0211675_14391173.jpg

中庭には小さなステージがあり、その日は、中年のエレキギター奏者の演奏に通り合わせた。素晴らしい技量で、数ヶ月前に、日本の若い奏者がオーケストラの伴奏のようなベース部分を演奏しながら、メロディーを弾く、2重演奏スタイルをテレビで観たが、今夜の演奏はエレキなので、一層迫力があり鑑賞者は中高年者も目立ち、小さな2人の少女がピンクのドレスをひるがえして、階段を登り降りして、私たちの目を楽しませた。
2曲目はギターと歌の演奏で、壮年の婦人が、ハワイアン民族ダンスを披露した。しっとりと落ち着いた踊りは、派手なハワイアン・フラダンスとは異なり、観るものを魅了した。
f0211675_932485.jpg

以下は何時もの <ウインドーショッピング> 
f0211675_17574127.jpg

f0211675_14471238.jpg

f0211675_1743859.jpg

f0211675_14401934.jpg

f0211675_16103735.jpg

f0211675_1762799.jpg

ワイレアのマリオットリゾートホテルにある<スターバックスコーヒー>店内の壁を彩る鮮やかな絵
f0211675_1445678.jpg

上に咲いているのは、白い日々草の花
f0211675_198497.jpg

f0211675_14162310.jpg
f0211675_14192241.jpg

f0211675_15243796.jpg

出来上がったコーヒーのカップサイズに驚いた。
いつも(日本)の「ソイ(豆乳)カプチーノ」を注文したが、カップサイズが日本より「デカイ」

日本 : グランデ(g:wエスプレッソ)→トール(T)→ミディアム(M)→ ショート(S:200cc)
ハワイ: グランデ(G)は無し、 トール(T:日本のグランデ)→ミディアム(M:日本のトール)

の2種類だけで、日本のショート(S:200cc)は存在しなくて、カップサイズは2種類のみ。
液体販売の量に大きな差がある。
 でも豆乳の自然の甘さが胃に優しい
カップの大きさに「驚いた!」私たちの勘違い注文を笑っていた、お兄さんとお姉さんたち最初に注文したのは (T)を1杯(私用)と(M)を3杯(女性)。
後から来た男性2名の追加注文は (M)2杯で、合計6杯注文したのに、出来上がったのは「トール2とミディアム2」の4杯だけだった。追加注文を訂正と受け取ったらしい。あわてて追加分(T)2杯を(M)2杯に切り替えた。 (I)さんの3人家族と他の男性2名は別注文をされていた。私の追加注文を、(I)さんの若いお嬢さんが、「セカンド・オーダー」だと補足してくださった「ありがとう」。 (M)を注文された日本の奥様たちも、(T)の大きさに驚きながらも快く飲んでくださった。今夜皆さんはレセプションに招かれて、私たち高齢者夫婦4名がホテルに残ったので、日本食レストランへ出かけた。ビールはサッポロのHITACHINOが美味しいと店主に勧められた。私たち飲めぬ夫婦にも口当たりよくて、1グラスを最後まで、苦味なく飲めた。(いばらきの地酒 : 世界が認めた“常陸野ネストビール:Herb and Spice Beer部門において、常陸野ネストビール「ホワイトエール」が、 金賞を受賞、2000年に次いで2004年に、2度目のゴールドメダル)で、日本よりハワイで人気があるとか)。
 お寿司(ハワイ巻き)の上にエビ天を乗せて,輪型に盛り、中心にカイワレやサラダ菜が美しく盛り付けられて、味も良かった。江戸前寿司(うなぎ、貝、マグロ、白身、サーモン、イカなど)も輪型に盛られて中心にサラダ菜が挿して有った。串焼き(とりもつ、胸肉、ミニトマトのベーコン巻き、湯でエビ)。マグロ3種(づけ、わさび、しょうが)。鍋焼きうどん一人前を3人で賞味し、美味しいだし汁に日本を感じた。
 プチトマトをベーコンで巻いた串は色も美しく、赤い宝石のように目立った。
by rivierekaiga | 2011-03-20 14:19

ハワイへの旅(ホノルル)

このー木 なんの木 気になる木
f0211675_13564613.jpg

ダイヤモンドヘッド
f0211675_13343044.jpg

名も知らーぬ 遠き島より 流れ来ーる 椰子の実一つ
f0211675_143749.jpg

f0211675_14816100.jpg

f0211675_14101939.jpg

by rivierekaiga | 2011-03-20 13:35

2011年3月6日 多武の峰から万葉展望台へ

明日香村文化協会 文化講座
 飛鳥の古道探訪<多武の峰から万葉展望台へ>

f0211675_1973196.jpg

明日香村のバスで昨年開通した道路を通って、多武峰西門まで送ってもらう。(37名)
右端の白い欄干の橋を向こうへ渡れば、談山神社へと通じる道だ。私たちは左へ万葉展望台を目指す
f0211675_1975626.jpg

f0211675_198263.jpg

f0211675_1985184.jpg

f0211675_1955373.jpg
f0211675_19165699.jpg

f0211675_1917573.jpg

f0211675_19185035.jpg

by rivierekaiga | 2011-03-06 19:09

裏庭に花開いた蝋梅の花

裏庭の「蝋梅」は2009年に96歳で旅立ったKさんの母が、生花の先生仲間に苗木を貰い受けてから、12,3年祖母の生前にはついに花を付けなかった「蝋梅」の木、10メートル四方の石組みした真ん中に大きな酒井戸があり、その蓋の手前に植えられた蝋梅、毎年石組みの手前に
立つ人に、目の高さで切られていた幹は、伸びては切られていたので、枝は横に長く伸びていたのに、それも横の樹の邪魔になるからと切られて、、無茶な剪定をされていたのです。2年目ぐらいに、私が気まぐれに、幹は切らずに横の枝だけを切りました。次の年には幹が背の高さ位に伸びて、切られた20㎝の枝に何と三つの蕾を付けたのです。前の年にその話をしたら、知人が花を付けた苗木を下さいました。今裏庭には二本の蝋梅があります。共に昨年よりは数多く花を付けましたが、夏の水やりが不足だったのか戴いたほうに元気がありません。
 2011年2月初旬撮影 この日は今年2回目の大雪が降りました。長く枝を張らせた槙の木の横にある蝋梅の木
f0211675_23192615.jpg

by rivierekaiga | 2011-03-05 22:56